♯15 安井かずみさん(その5:1975-1979)

大ヒット連発の1974年と比較すると、
アイドル歌謡全盛期もやや落ち着いた感じですが、
1977年には加藤和彦さんと結婚されて、
お二人のコンビで80年代ポップスに
新たな世界を拓くまでの重要な転換期…
といった印象があります。
スリー・ディグリーズの『にがい涙』をはじめ
隠れた名曲がチラホラと。

プレイリスト「Yasui Kazumi Works(5) 1975-1979」
http://www.youtube.com/view_play_list?p=5C59677F3A0BA277

続きを読む

♯14 安井かずみさん(その4:1974)

まだまだ続く黄金の70年代。
アッコさんの『古い日記』、ヒデキの『激しい恋』、
そしてマリさんの『夏のせいかしら』が
同じ1974年に、同じく馬飼野康二さんとのコンビで
生み出されていたんですね〜。まさに絶好調。

プレイリスト「Yasui Kazumi Works(4) 1974」
http://www.youtube.com/view_play_list?p=946389E9E1F1AF9A

続きを読む

♯13 安井かずみさん(その3:1973)

安井ワールド黄金の70年代のつづき、
1973年だけで一回分です。
ジュリーもルミ子もヒデキもアグネスも拓郎も!

プレイリスト「Yasui Kazumi Works(3) 1973」
http://www.youtube.com/view_play_list?p=248048DE34224AE5

続きを読む

♯12 安井かずみさん(その2:1970〜1972)

辺見マリさんの『経験』、
小柳ルミ子さんの『わたしの城下町』をはじめ、
ヒット曲が目白押しな1970年代前半です。
1970年にはご自身が歌うアルバム「ZUZU」*1を発表、
また著書も「空にいちばん近い悲しみ」を皮切りに次々と手掛けられていて、
まさにカルチャースターの道を歩まれていますね。

プレイリスト「Yasui Kazumi Works(2) 1970-1972」
http://www.youtube.com/my_playlists?p=FC8D4D6781E3A5E7

*1:沢田研二西郷輝彦布施明石坂浩二なかにし礼、日野晧正など、錚々たるメンツが曲を提供。

続きを読む

♯11 安井かずみさん(その1:1960年代)

安井かずみさんが作詞を手掛けた曲を探したら
YouTubeだけでも200曲以上!あったので、
その「国民的作詞家」としての業績を
年代別に聴いていこうと思います。全7回予定!

プレイリスト「Yasui Kazumi Works(1) 1960-1969」
http://www.youtube.com/my_playlists?p=EDAF98F8C5DC474E

続きを読む

♯10 山本正之さん

一度聞いたら覚えてしまう軍歌調のメロディーと、
時代風俗がたっぷり詰まった歌詞。
タイムボカン」シリーズをはじめ
アニソンと言えばこの人!という印象ですが、
デビュー作『燃えよドラゴンズ!』以来、
その作風は一貫して応援歌という気もします。
中日、パチンコ、ストリップ劇場、なんちゃっておじさん(笑)、
そして『府中捕物控』では三億円事件の犯人まで応援!
高校野球の観客席で
ブラスバンド部に演奏してほしい名曲揃いです。

続きを読む

♯9 郷伍郎さん

"♪あまりにもおばかさん"という挑発的な詞で
反戦歌」としてお馴染みの『フランシーヌの場合』、
コミックソングという当初の狙い(?)を大きく逸脱した
名曲『とん平のヘイ・ユウ・ブルース』の作者として
知られる郷伍郎さん(またの名を「いまいずみあきら」)。
他にも『資本論のブルース』『パピルスの船に乗って』などなど
題名だけでもわかる「インテリ風」(「インテリ」ではなく)の世界が
たまらなく魅力的ですね。
もともとは「サクマのチャオ」「吉野家(牛丼一筋八十年)」などの
コマーシャルソングで活躍された方という経歴を踏まえると、
『フランシーヌの場合』の二番の歌詞、
「ほんとのことを言ったら おりこうになれない」には
ある意味で杉山登志さんに通じる広告屋の韜晦を感じたりもしますし、
『ヘイ・ユウ・ブルース』の「人生はスリコギ」論にもちょっと納得です。
実人生ではなんと8度の結婚!を繰り返した
日本版タイガー・ウッズ(いや嵐寛先生か?)なお方だったようで*1
そのあたりは『ヘイ・ユウ・ブルース』のB面
『東京っていい街だな』の詞に反映されてるみたいです。

続きを読む