ETVワイド『笑っていいかも!?』

http://www.nhk.or.jp/kira/
いま録画で観てますけどモーレツに面白い!
再放送も熱望!!
NHK大阪バリアフリーっぷりに脱帽です。
(でも昔のテレビは普通にバリアフリーだったわけですよね…)
特に「SHOW-1グランプリ優勝」の脳性マヒブラザーズに目が釘付け!
カンニング竹山さんの講評もステキ)

ボケのDAIGOさん(写真)ってヤマガタ2001入選作『崇とその仲間たち』の
監督・木原大吾さんじゃないですか!!
http://www.yidff.jp/2001/cat087/01c091-1.html

レギュラー放送の『きらっといきる』も時々見るんですけど、
要するに『新婚さんいらっしゃい!』にも通じる“個性派”大集合番組ですね。
(先週の「洗ってるねえ!」兄さんの回も良かったなぁ)
ひとりひとりの「個性」を尊重する、
往年のテリー伊藤イズムを思い出させる清々しさです!

ザ・ベストテレビ

http://www.nhk.or.jp/pr/keiei/shiryou/soukyoku/2010/05/004.pdf
「テレビの中の映画祭」ことザ・ベストテレビ、
3回目の今年はなんと5日連続!(ザベTウィークが実現!)
ドラマ作品『空飛ぶタイヤ』『火の魚』も登場です!
さらには「ザ・ベストラジオ」も!!

第1部:6/26(土) 13:30〜18:00 NHK-BS2
☆日本放送文化大賞 グランプリ
『赤ひげよ、さらば。〜地域医療“再生”と“崩壊”の現場から』
制作:北海道放送 ディレクター:山崎裕
http://www.tbs.co.jp/program/hbc_akahigeyo-saraba.html
ATP賞2009 グランプリ
空飛ぶタイヤ』第1話
制作:WOWOW東阪企画 脚本:前川洋一 監督:麻生学鈴木浩介
http://www.wowow.co.jp/dramaw/taiya/

ギャラクシー賞 大賞
『死刑囚 永山則夫〜獄中28年間の対話』
制作:NHK ディレクター:堀川惠子
http://www.nhk.or.jp/etv21c/backnum/index.html

第2部:6/27(日) 13:00〜17:00 NHK-BS2
日本民間放送連盟賞 テレビ教養番組 最優秀
『ひだまり〜今治大浜1丁目・6年の記録』
制作:南海放送 ディレクター:寺尾隆
http://www.rnb.co.jp/press/20100304.htm
文化庁芸術祭賞 大賞
『火の魚』
制作:NHK広島放送局 脚本:渡辺あや 演出:黒崎博
http://www.nhk.or.jp/hiroshima/program/etc2009/drama09/
放送文化基金賞 テレビドキュメンタリー番組部門 本賞
『嵐の気仙沼〜港町の特別な一日
制作:NHK仙台放送局 ディレクター:久保志穂
http://www.hbf.or.jp/awards/36.html

第3部:6/28(月) 21:00〜22:30 NHK-BS2
日本民間放送連盟賞 最優秀賞/「地方の時代」映像祭2009 グランプリ
日本兵サカイタイゾーの真実〜写真の裏に残した言葉』
制作:静岡放送 ディレクター:岸本達也
http://www.minkyo.or.jp/01/2008/05/0239239.html

第4部:6/29(火) 21:00〜22:30 NHK-BS2
ATP賞2009 ドキュメンタリー部門 最優秀賞
『李先生と30人の子供たち〜紅白中心学校』
制作:NHK+NEP+テムジン ディレクター:米本直樹
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/090117.html

第5部:6/30(水) 21:00〜22:30 NHK-BS2
科学ジャーナリスト賞2010 科学ジャーナリスト大賞
素数の魔力に囚われた人々〜リーマン予想・天才たちの150 年の闘い』
制作:NHK ディレクター:植松秀樹

リーマン予想・天才たちの150年の闘い ~素数の魔力に囚われた人々~ [DVD]

リーマン予想・天才たちの150年の闘い ~素数の魔力に囚われた人々~ [DVD]

ザ・ベストラジオ
7/3(土)・4(日) NHKラジオ第一 16:05〜17:55
文化庁芸術祭賞 ラジオ部門 大賞
FMシアター『風に刻む』
制作:NHK 作:芳崎洋子 演出:江澤俊彦 音楽:小林洋平
http://www.nhk.or.jp/audio/prog_fm_former.html
放送文化基金賞 ラジオ番組優秀賞
『逃げ得のしじま 追跡・女性教員殺害犯の73年』
制作:北海道放送
http://www.hbf.or.jp/
日本民間放送連盟賞 受賞作品(検討中)
(参考:http://nab.or.jp/index.php?%C6%FC%CB%DC%CC%B1%B4%D6%CA%FC%C1%F7%CF%A2%CC%C1%BE%DE
ギャラクシー賞 ラジオ部門 受賞作品(6月4日発表)


■連動イベント

ザ・ベストテレビ シンポジウム 時代を描き、時代を超えて伝える
6/19(土) 13:30〜17:00 紀尾井町千代田放送会館 

ザ・ベストテレビ 受賞番組上映会
6/16(水)〜18(金) 愛宕山NHK放送博物館
7/3(土)〜19(月/祝) 横浜日本大通り放送ライブラリー

琉神マブヤー

BS11に続いて
明日からTBSチャンネルで放送!
琉球放送では2008年に放送されていたんですね)
今だからこそ!いろんな意味で楽しめそうです。

5/9から 毎週日曜 17:30〜18:30
子供たちが親しみを持てるヒーローが活躍する物語に、沖縄独自の文化、歴史、信仰などを盛り込んだ特撮番組。
♯1「ウチナーグチのマブイストーンがデージなってる」
♯2「マブヤー誕生でデージなってる」
http://www.tbs.co.jp/tbs-ch/lineup/a0082.html


♪琉神!琉神!マブヤー
 正義のヒーロー!マブヤー AH〜
 ウチナーがあぶない でーじ超ヤバイ!
 悪のマジムン*1 やってくる(で〜じなと〜ん!)
 ティーダ*2の力で 平和を守るんだ
 アチコーコー*3のハートで 勝利をつかめ
(作詞:山田優樹 作曲:上地正昭 歌:アルベルト・シロマ


▽なぜか「あわせて見たい」

*1:沖縄県や鹿児島県奄美群島に伝わる悪霊の総称

*2:太陽

*3:熱い

続きを読む

ネットワークニュース北海道

お昼のニュースで知られる登坂淳一アナウンサー、
4月改編から北海道にご栄転されていたんですね。
http://www.nhk.or.jp/sapporo/nwnhokkaido/

「白髪の貴公子」「麿」「堀内正美さんの再来」(←?)として親しまれ、
昼下がりのNHK総合テレビデカダンスなムードにする
連続テレビ小説の後にいきなり実相寺昭雄作品が始まったかと思うほど)
あのお顔に当分お目にかかれないのは甚だ残念ですが、
新天地での更なるご活躍を期待します!


↓アナウンサー紹介番組。ラストに麿の私服姿が!(←追っかけモード)

『Not Quite Hollywood』

(「未公開映画を観るTV」)
http://d.hatena.ne.jp/TomoMachi/

あっ、フィリップ・モラ!
おっ、フレッド・スケピシ!
えっ、リチャード・フランクリン
うわっ、サイモン・ウインサー!
そして元祖「野ブタ。をプロデュース」こと
『レイザーバック』のラッセル・マルケイ!!
お名前を伺うと「………ああ〜」という感じの、
記憶の片隅にいらっしゃる監督さんが勢揃いでした。
来週の後編も楽しみです!


パトリック (エンタメ・プライス) [DVD]

パトリック (エンタメ・プライス) [DVD]

クローズアップ現代 ♯2816「実験が怖い〜理科離れする教師たち」

去年実施された調査によれば、小学校教師で勤続10年以下の若手の8割が「観察・実験についての知識・技能が低い」と回答。「塩酸が怖い」「子供に質問されるとオドオドしてしまう」など基本的な知識さえ乏しい実態が明らかになった。
その背景には、若手教師が子ども時代に受けた「ゆとり教育」で科学に対する興味を失ってしまったことや、理科を学ばなくても教師になれる仕組みがある。どうすれば教師の“理科離れ”を防げるのか、ヒントを探る。
http://www.nhk.or.jp/gendai/

うわー、面白かった!
もう放送終わっちゃったんですけど、再放送希望します!
ゆとり教育」見直しで理科の授業を増やしても、肝心の先生が……!
ってところがいろんな意味で衝撃的でした。価値観のコペルニクス的転回、
敗戦直後の墨塗り教科書くらいの混乱が起きてもおかしくないかも(←それは大袈裟)
でもまあ、見方を変えれば若い先生方は子どもと一緒に学べる楽しみがあるわけですね。
今こそ仮説実験授業の出番なんでしょうか。
「ここで映画を止めて、違う意見の人と言い負かしっこしてください」
と命令するナレーションが
2007年の山形映画祭で観客席をどよめかせた
視聴者参加型インタラクティブ16mm映画(!)
『ものとその重さ』(1969)をはじめとする、
岩波映画の「科学教育映画体系」をオススメしたい……!
教育をたのしく考えなおす出版社・仮説社【本・おもちゃ・実験器具販売】さんでDVD販売中…もうちょっとお安いと嬉しいんですが)

仮説実験授業のABC―楽しい授業への招待

仮説実験授業のABC―楽しい授業への招待